1. 海外の薬を通販で購入する訳とは   >  
  2. 通販の決済について

通販の決済について

通販の決済

インターネットで商品を購入した場合、実際に店員とやりとりをしたり商品を手にとって見たり触ったりしていないので、不安になることも多いかと思います。商品は実際にイメージしていたものと違うと言った内容や、商品説明と実際の商品に相違があったり、サイズ間にも問題があったりと、不安材料は多いです。

海外薬を購入するときに個人輸入をした場合、日本国内での取引ではないため貨幣の種類や価値が変わっていきます。そのため、世界で決済機能を提供しているクレジットカードでの決済が一般的です。

しかし、日本語でのやり取りができない海外の会社にクレジットカード番号などを教えるのは、かなり不安になりところでしょう。クレジットカードは購入者に後日料金を請求する事から後払いのような感覚になる人もいますが、実際にはクレジット会社が先に支払いを済ませているので、後払いではありません。商品が届いてから料金を支払う後払いなら、商品が届かなかったとき料金を支払わないという手段がとれますが、クレジットは後払いでは無い為、商品配送に問題があっても料金は支払ってしまっているので、ちゃんとクレジット会社から請求がくるのです。

個人輸入代行サイトで購入した場合も後払い制度の着払いはできないのですが、個人輸入と違い購入者と製造販売会社の仲介に代行サイトがありますので、購入者の代りに対応してくれます。また、日本人が運営しているため、日本語が通じるほか決済方法もクレジットだけでなく、銀行振り込みや郵便振替などもありますので、クレジットカードがない人や、カード番号を提示したくない人にも便利になります。