1. 海外の薬を通販で購入する訳とは   >  
  2. 個人輸入代行の仕組み

個人輸入代行の仕組み

輸入の仕組みついて

海外薬(医療用医薬品)を購入する事ができる通販サイトは、個人輸入代行というシステムの元、運営する事ができています。つまり、海外薬を購入する事ができる通販サイトは、すべてこの個人輸入代行サイトであると言えるのです。

逆にこの個人輸入代行システムを使用していない通販サイトが、海外薬を販売している場合は違法サイトであり、本物の海外薬を販売しているかどうか疑わしいことになります。

この個人輸入代行とは個人輸入の代行という名称どおりの仕組みになっています。

個人輸入も名称通りであり、個人で海外の商品を輸入し購入することです。基本海外の商品を輸入し国内でしようされる場合には、企業間でのやり取りや日本国内に代理店などがあり、市場に輸入品を流通させます。そして、その流通した商品だけを購入する事ができるのですが、流通できない商品もあります。(医療用医薬品など)

しかし、個人輸入なら現地の企業や会社に直接やり取りを行うことで、流通していない商品も購入する事ができるのですが、それは簡単なことではありません。まず、個人輸入をするのなら、現地の言葉を話すことができるとうのが絶対条件になります。またその言葉は会話程度ではなくある程度専門的な要素も知っていなければなりません。メールでやり取りをする際などに、正しい英文をつくる能力も必要になってきます。

このように個人輸入は、いざ始めるのは手間暇がかかってしまいます。この手間を請け負い代りにおこなってくれるのが個人輸入代行ということです。購入者が日本語しかわからなくても、個人輸入代行サイトが代わりに間の手続きを行い、海外から直接自宅にとどけれます。