1. 海外の薬を通販で購入する訳とは   >  
  2. 安く購入できる

安く購入できる

安い薬

海外薬を手軽に通販を利用して購入する事ができるのですが、その際の料金は国内で販売されている薬よりもかなり安くなっています。なぜその安さを実現できてるかというと、1つは円高の影響です。

海外薬を通販で購入する時には、海外から薬が輸入されてくるということです。そのとき日本円から海外の貨幣通貨へ変換されます。円高である場合には、円の価値が高い状態であり、100円を出すとその価値が海外では120円になったりするのです。これは円高が続いている場合になりますが、もう1つ安く購入できる理由があり、こちらは安定的な安さを生むでしょう。

それはジェネリック薬品を多く取り扱っているということです。

日本で購入できる医療用医薬品は、まだまだジェネリック薬品が海外のようにおおく流通している訳ではないので、海外薬の通販で購入する人の多くがジェネリック薬品を目当てできます。

また、日本で医療用医薬品を購入する場合、医師の処方を受け処方せんを必要とします。もちろん受診した際の料金も無料ではありませんので、医療薬の料金にプラスして受診料金が上乗せしてしまうのです。

一方通販で購入する事ができるジェネリック薬品は、日本で購入する医療用医薬品よりも単品の料金が低く、かつ受診料もかかりません。ジェネリック薬品は医療用医薬品扱いであるため、新薬と変わらない効果が見込めますと、新薬と有効成分は同じであるため、副作用も同じく作用します。

また、同じ効果、同じ成分を使っているのに料金を安くできるのには理由があります。それは大量生産から1つ当たりのコスト削減ではなく、ジェネリック薬にすることにより、研究コストを大幅にカットする事から可能になる料金です。